年収に合わせて無理なく返済出来る住宅ローンとは

住宅ローンは年収によって借りられる金額も変わってきますが、限度額ギリギリまで借り入れをしてしまうと、将来的に家計が苦しくなってしまうということも十分に考えられます。
たとえば、今は子供がいない夫婦二人きりの生活であっても、今後子供が生まれれば教育費用などもかかってきます。
ですので、そうしたこともきちんと考慮した上で住宅ローンを組む必要があるのです。
15年後、20年後でもきちんと無理なく返済していくことが出来るように計画を立てておくようにしましょう。
借り入れが出来る金額ということではなく、返済できる金額を考えておくことが大切です。
余裕を持って返済が出来るのは、年収の20パーセント以下だと言われています。
住宅ローン金利シュミレーション!推移と動向は?【金利の疑問を解決!】