住宅ローンを借りる前にシミュレーションを

住宅ローンを借りる時に、お子さんがいる家庭かいない家庭で全然支払いする時の予定が変わる事が有ります。
お子さんがいない家庭では、教育費やお子さんの生活費もかからないですが、お子さんがいる場合生活費はある程度予想がつきますが、教育費は公立か私立かで教育に係る資金は違いますし、高校までか大学までか、それも国立か私立か、文系か理系かによってかかる教育資金は本当に大きく変わります。
お子さんがまだ小さいうちはそれを考えるのは難しいですが、それも考慮に入れて住宅ローンシミュレーションをしておかないといけません。
やはり備えるのはいちばん最高にお金がかかるシミュレーションでしょう。
高校も私立で大学も私立の理系に行くとなると、相当お金がかかります。
収入から住宅ローンを支払い教育資金も賄っていきますので、そういうシミュレートは重要です。
色んなパターンを想定して、住宅ローンシミュレーションをしておく事で、これから先必要なお金が分かります。